TAGs

『第6回マニフェスト大賞』の「政策提言部門」で優秀賞に選定されました。10.1

Updata 2011年 10月1日

マニフェスト大賞とは、これまで注目を集めることの少なかった地方自治体の首長、議員や地域主権を支える市民の活動実績を募集・表彰し、発表することで、地方政治で地道な活動を積む人々に名誉を与え、更なる政策提言意欲の向上につながることを目的に制定された賞です。

今年(2011年)は、1340団体1670件の応募があったそうです。

10月1日に第6回マニフェスト大賞の受賞者発表があり、私は「政策提言部門」で優秀賞5名の一人に選ばれました。
これから最終審査が行われ、11月4日、東京の「六本木アカデミーヒルズ」で開催される授賞式会場で最優秀賞が発表されます。

最優秀賞に選ばれる可能性は低いかもしれませんが、
せっかくの機会ですから、授賞式には妻と出席しようと思っています。

私は「仮設住宅のリサイクル化と復興支援ハウスの提案」というで題名での応募です。
15年間、研究してきたテーマだけに、心から感謝しています。
これまで、一緒に取り組んできた皆さんのおかげです。
こういう形で評価を頂けたことは、本当に有り難いことですね。
第5回マニフェスト大賞では、宇部市長さんの久保田きみ子さんが、市長マニフェスト部門で「優秀賞」を受賞されました。

《マニフェスト大賞H.P.》




仮設住宅のリサイクル化と災害用早期設置型『復興支援ハウス』の提案

(応募資料の概要)

「震災後、すぐに運べて、どこでもすぐに建てられ、リサイクル(再使用)可能な仮設住宅があれば、たくさんの人が助かるのではないか、そんな思いにかられて、阪神淡路大震災以来、「避難生活からの早期解放」を目的とした「復興支援ハウス」の開発に取り組み、専門的知識を学ぶため、議員活動の傍ら、2000年には山口大学大学院(防災システム工学科)に入学しました。(2010年:学位「博士(工学)」取得)
大都市大震災を念頭においた試作品による居住実験を継続してきたところ、東日本大震災が発生し、直後の3月15日、ボランティアの仲間からの依頼を受け、試作品2戸を石巻市社会福祉協議会ボランティアセンターに設置しました。
災害ボランティアの生活は、その多くがテントに寝泊りしているのが実情で、冷暖房もなく、ハードな支援活動により体調を崩してしまう人も多く、支援ハウスがその救護所に活用されました。
7ヶ月たった今も100名近いボランティアが活動を続けています。

活用事例から、短期間に狭い傾斜地などにも多数設置できることから、被災者はもちろん、被災地における小規模拠点施設やボランティア、建設作業員などの短期居住施設、自衛隊の野営施設、また難民支援、大都市大震災においては、ヘリコプターなどによる輸送も可能であることから有効です。

保管管理も容易で再使用でき、再生可能な素材(強化プラスチック)であることから環境への配慮もなされています。

1995年の阪神淡路大震災では、建設された約5万戸の仮設住宅は、そのほとんどが再使用されることなく廃棄処分されています。
リサイクル可能な仮設住宅で、再備蓄されていれば、今なお避難所生活されている4万人の仮設住宅は確保されているうえに、建築経費2500億円は半減できたのではないでしょうか。
日本は各地での度重なる災害が発生し、また心配されている関東、東海、東南海地震への対策も急務です。
政策として何度もリサイクルして使えるタイプの仮設住宅を備蓄し活用できるようにすることを提案します。」

『過去の受賞式の様子』

登録カテゴリー: ブログ

2011.9.8復興支援ハウス「国際見本市に出品」

Updata 2011年 9月8日

登録カテゴリー: 新聞記事

アジア最大級の複合材料国際フェアー「JEC Asia 2011」(シンガポール)への特別出展が決定

Updata 2011年 8月14日

世界の最先端が集まるシンガポールで開催されるアジア最大級の複合材料国際フェア「JEC Asia 2011」に、復興支援ハウスがジャパンパビリオンに特別展示されることが決まりました。

7月15日の東京都庁での展示会が、思わぬことに発展しました。
きっかけは、当日取材に来られた産業資材新聞の8月1日付けの記事です。
(2011.8.1産業資材新聞記事)

ジャパンパビリオンの関係者の方から
「弊社は営利を追及する私企業ではありますが、 JECの展覧会/講演会に関しては、企業コンプライアンスの活動として、”日本発の優れたFRP製品を海外に紹介する場を無料提供 する”ことを趣旨としております。
貴社の”スマイリー”や”復 興支援ハウス”は、その趣旨から私の目に留り、必ずや2004年のスマトラ沖地震に代表される東南アジアの災害復興に役立つであろうFRP製品であるとの確信からお誘いした次第です。
ちなみに昨年は栗本鉄工の地下水汲み上げ用FRPパイプ、 一昨年はフジクリーンの生活排水浄化用浄化槽を展示致しました。
しかしながら、今回は特別なケースと考慮いたしまして、3提案をお示しさせて頂きます。・・・・・・・」とのご連絡をいただきました。

何と、展示会に係る経費を提供しくださるとのことで、快諾させていただきました。
私の開発した災害用早期設置型復興支援ハウスを、外国の方々がどう評価してくださるか、楽しみです。

An international exhibition with a strong foothold in the Asia Pacific MEA area
(JEC Asia 2011の詳細)

自動車、航空機、医療機器、家電に使われるCFRP(炭素繊維を重ねてプラスチックで固めた複合材料。FRPの一種。軽量で鉄並みの強度を持ち、耐食性にすぐれる。炭素繊維強化プラスチックなど)の複合材の博覧会です。
会場のSuntec シンガポールは会議、コンベンション、展覧会を目的としたアジアで最も総合的なワールドクラスの施設で、6階建、10000㎡ものスペースがあり、一回のイベントにつき、10~20,000名の収容が可能だそうです。

日時は 2011.10.18-20(3日間)

会場は サンテック・シンガポール国際会議展示場
(展示場の詳細)

展示会には、新作の「スマイリー」ではなく、オールプラスチック製(PPハニカムのサンドイッチ構造)の旧タイプを出展することにしました。
プラスチック製の住宅は、多分、世界初、しかも2005年の新潟県中越地震と2011年東日本大震災で使用した実績があります。
6年間、外で使用しているので、ジャッキには錆が出ており、ジュウタンや壁面も汚れているので、張替えや再塗装を施したいと思っています。
10月上旬には飛行機(航空貨物)で輸送されます。
私は10月16日にシンガポールに行き、準備をしたいと計画しています。
1995年の阪神淡路大震災から15年間、取り組んできた研究ですが、少し花が咲き始めたような気もします。
本当に有り難いですね。


2005年の新潟県中越地震の時には、災害ボランティアの拠点基地・救護所として活躍しました。

下:今回のきっかけとなったプラスチック産業資材新聞

 

 

登録カテゴリー: ブログ, 東日本大震災

東京都庁で支援ハウスの展示会。石原都知事、安倍元総理など多くの方々が見学。

Updata 2011年 7月23日

7月15日(金)、東京都庁の『ふれあいモール』(第一本庁舎と第二本庁舎の間にある公園)で、
復興支援ハウスの展示会を開催しました。

山口県から出てきて、東京のど真ん中で、しかも東京都庁からは、最高の場所を提供して頂きました。
また、早朝より都市整備局の職員の皆様が、展示の準備、また国会議員の皆さまの出迎え誘導を
お手伝い下さり、本当に有難いことだと心から感謝しています。

展示会には、たいへんお忙しいなか、猛暑にもかかわらず、
石原慎太郎東京都知事、猪瀬直樹東京副知事、安倍晋三元内閣総理大臣、河村建夫元官房長官、林芳正元防衛大臣、小林興起衆議院議員、生方幸夫衆議院議員、岸信夫参議院議員、さらに東京都からは、都議会議員、区議会議員、都市整備局職員ならびに、区市町村の応急仮設住宅建設担当職員など250名の方々が見学してくださいました。

日本建築学会論文①(pdfファイル) 日本建築学会論文②(pdfファイル)

支援ハウスの「提言と活用事例」(pdfファイル)

安倍晋三元総理、小林興起衆議院議員、私、石原慎太郎東京都知事

(上写真左)猪瀬直樹副都知事〔最右〕
(上写真右)石原都知事に被災地の子どもが書いた絵を説明する私

(上写真左)三浦房紀山口大学、河村建夫元官房長官
(上写真右)岸信夫参議院議員、金子豊山口精華学園副理事長

(上写真左)林芳正元防衛大臣
(上写真右)三原まさつぐ東京都議会議員

(上写真左)生方幸夫衆議院議員
(上写真右)見学される都の職員さん

(上写真左)区市町村の応急仮設住宅建設担当職員の皆さん
(上写真右)当日、お手伝いしてくださったスタッフの皆さん

(上写真右) 友人が手配してくださった説明担当のプロのモデルさんです。

展示した支援ハウスは2戸。
1戸は、6年前に製作し新潟県中越地震で使用し、現在、宮城県で災害ボランティアの救護用に使用されている支援ハウスです。
床面積6.7㎡ですが、4人家族が暮らせる機能を備えています。
材質はFRP(強化プラスチック)製で、多分、「世界で初めてFRP製で造られた住宅」だと思われます。
当日は宮城県から搬送しました。
もう一戸は、完成したばかりの改良型支援ハウス『クイックキャビン・スマイリー』です。
前日、私自身も4トントラックに乗車して、都庁に搬送しました。(所要時間は13時間)

展示会のスナップ (展示会スナップpdfファイル)

登録カテゴリー: トピックス, ブログ, 東日本大震災

クイック・キャビン『スマイリー』(新・復興支援ハウス) が完成しました。

Updata 2011年 7月13日

クイック・キャビン『スマイリー』(新・復興支援ハウス)の試作品が完成し、
山口県庁の議会棟駐車上で一般公開をさせて頂きました。
外観だけを見ると小さく見えますが、中は十分な生活空間があり、ベッド(4人分)、テーブル、
洋服入れ、フリースペース、シャワー、トイレ、キッチン、釣り戸棚、冷蔵庫、テーブルがあります。

上の写真は、今回の製作をお手伝いして下さった皆さんです。本当にありがとうございました。
もちろん、妻も入っています。

今回の改良点は
1.トイレの臭いが気になるとの意見が多かったので、物置と兼用のトイレを外に取り付けたこと。
2.組立て方式を変更したこと。
3.旧タイプより、少し広くし、フリースペースを設けたこと。
4.エアコン、温水器を組み込みました。
5.素材はFRPと木造です。

「スマイルは笑顔、リーはシェルターの意味があります。被災した皆様に笑顔を届けたいとの願いを込めて命名しました。」

搬送時:長さ3.550m 幅2.230m 高さ1.200m
(4㌧トラックに2戸、10㌧トラックに6戸積載可能)


組立時:長さ5.160m 幅2.855m 高さ2.560-2.860m
床面積:10.330㎡(本体9.250㎡ 物置・トイレ1.080㎡)
組立時間:約1時間(大人4名)解体時間:約30分

災害用早期設置型 住宅復興支援ハウスの提案

2005年の新潟県中越地震の際には被災地の小千谷市で、災害ボランティア4名が約1ヶ月間使用し、ボランティアの拠点施設と救護所の役割を果たしました。
また、東日本大震災においては、宮城県石巻市社会福祉協議会ボランティアセンターに設置され、テント泊をしている災害ボランティアの救護所として使用されています。
災害ボランティアの生活は、その多くが持参したテントに寝泊りしているのが実情です。
居住空間は狭く、冷暖房設備もない生活のなか、ハードなボランティア活動により体調を崩してしまう人が多くいます。
支援ハウスは狭い敷地に多数設置することが可能であり、その有効性が確認されています。

活用事例から、被災地における小規模拠点施設や災害ボランティア、仮設住宅建設作業員などの短期居住施設、自衛隊の野営施設などに有効だと思われます。
また、大都市大震災においては、公園や小さな空き地に設置できるなどの利点があります。
また、設置後も簡単に移動でき、保管管理が容易で再使用できることから、環境への配慮がなされています。

支援ハウスの活用には「備蓄」が不可欠であり、度重なる災害の発生、「必ず来る」と予測される関東、東海、東南海地震への対応のためにも備蓄されることを願っています。

登録カテゴリー: ブログ, 東日本大震災