すべては子どもたちの笑顔のために

昭和59年、「心豊かな冒険心あふれる子どもたちを育てる」をテーマに、体験教育を取り入れた学習塾「おかむら塾」を開校して以来、その後、35年にわたり青少年教育に携わって参りました。

その間、社会環境の変化や対人関係、学業など様々な事情で、学校に通えない子どもたちが年々増加し、昨年の調査によると、小中学生の不登校の児童生徒は、全国で約17万人います。

私が関わっている精華学園高等学校においても、不登校などの課題を抱えた小中学生の保護者からの問い合わせを数多く頂いています。
そこで、社会に生きづらさを感じている子どもたちのために AnotherSchool「おかむら塾」を開校することに致しました。
なお、高等部として通学コースを併設した広域通信制精華学園高等学校「LAN学習センター」を開設します。

一人ひとりを大切にし、自然体験や創作活動を通して、達成感や自己肯定感を持つことで、生きる力を育み、感謝の心と生きる喜びを感じることのできる「人」を育てます。

私たちの願いは「今の社会に生きづらさを感じている子どもたちと、その家族の笑顔を取り戻す」ことです。焦りや悩みを一人で抱え込まないで、私たちと一緒に一歩前へ踏み出しましょう。

一般社団法人 未来は人でつくる
理事長 岡村精二

未来ある子供たちへ『夢に向かって』

私は23歳のとき、小さな手作りのヨットで、たった一人、太平洋横断に漕ぎ出しました。航海中、ヨットの転覆、孤独感など幾多の困難はありましたが、147日目、10年間憧れ続けたアメリカのサンフランシスコ港に到着しました。中学3年生の時からの夢でした。
18歳の頃、夢の実現に向かって行動するかどうか、毎日悩み苦しんでいました。「今、逃げたら一生後悔する」と思いだけで、太平洋横断に向けて、第一歩を踏み出したのです。

『夢を夢のままにせず、その実現に向かって努力することが生きること』

私たちは、みなさんの夢を応援し、心の支えになりたいと強く思っています。

活動・資格など

工学博士
学校法人山口精華学園理事長
NPO法人森と海の学校理事長
山口県レクリエーション協会会長
青少年育成アドバイザー資格
一級建築士
4級海技士

著書

シンシアと僕と太平洋
子どもをダメにしない住まい方
さわやかに生きる
住まいは子どものためにつくるもの
手紙でつむぐ親子のきずな