河村建夫

17 04, 2012

妻崎恵美須神社の「春祭り」。桜、晴天、無風に恵まれて楽しい一日を過ごしました。

2016-01-23T11:23:33+09:004月 17th, 2012|SEIJI Blog, 後援会活動報告|

平成9年、妻崎漁業組合の解散にともない、私がお世話させて頂くようになって、15年目を迎えました。多くの皆さまのご奉仕で「草刈」や「しめ縄作り」が行われるようになり、本当に有難いことだと感謝しています。今年の「春祭り」は4月15日、穏やかな晴天のなかで、しかも桜が7割程度の咲くなか、約70名が参加して下さいました。11時30分より、松江八幡宮宮司の白石真三さんによる神事を行われました。ご来賓として河村建夫先生秘書の時山さんがご出席下さいました。《新聞記事 宇部日報2012.4.18》多くの皆さまにご参拝頂きました。       松江八幡宮宮司の白石真三さんによる神事崇敬会総代の縄田百合夫(「新西釣具店」代表)さんによる玉串拝礼。 白石宮司ご挨拶 早朝より卒塾生たちが準備してくれた広場で12時より直会。参加者も年々増え、今年は焼き鳥、焼き魚のコーナーを作り、初めての仮設舞台では「MKY」によるバンド演奏、精華学園の中元稔先生や村田義三後援会長による歌などが披露され、和やかな、ひと時を過ごしました。 恵美須神社の全景です。            精華学園高等学校の皆さんと東岐波精友会の皆さん。秋芳町の宮崎さんと前田さんは「竹の子」と「わらび」の煮物を持参して下さいました。(写真右)『焼き鳥』『アジの開き』を焼いてくれた卒塾生たち当選祝いに頂いたエルメスのネクタイ姿の私。高級品とは知りませんでした。(写真右)バンド演奏を披露してくれた菊池君、松尾君、山根君の「MKY」グループ 中山間地域の過疎化・高齢化、漁業組合の高齢化による解散などで管理できなくなった神社が増えているようです。恵美須神社もその一例ですが、小さなお社とはいえ、「縁は人生の宝」と思って、喜んでお世話させて頂いています。恵美須神社(社主:岡村精二、崇敬会総代:縄田百合夫)

28 03, 2012

「これからの日本の英語教育を考えるシンポジウム」を開催しました。 3.24

2016-01-23T11:22:13+09:003月 28th, 2012|SEIJI Blog, 議員活動報告|

3月24日(土)山口南総合センターにおいて、理事長を務めるNOP法人「YMO21」の主催で、「これからの日本の英語教育を考えるシンポジウム」が開催しました。ご後援を頂いた山口県教育委員会の皆さま、一般教員、小・中・高校学校の英語教師、行政関係者、保護者、一般など約180名のご参加を頂きました。ご参加くださった皆様に厚くお礼申し上げます。 開演前の会場の様子                      司会は娘の星香(大学生)がつとめました。私の主催者挨拶                         シンポジウムの様子開催目的 日本における英語教育を考えると、どうしても受験英語に偏り、「自然な会話ができる」「伝えたい事を英語で書く」などのコミュニケーションが苦手な生徒が多い状況にあるように見受けられます。近年、グローバル化が進む日本において、英語は必要不可欠であるとともに、国際社会の中でも英語は共通語として確立されています。そこで、「これからの日本の英語教育を考える」をテーマに、シンポジウムを開催させて頂くことにしました。《《英語シンポジウムのご案内パンフレットPDF》》 お忙しいなか、ご参加くださった河村建夫元文部科学大臣:左 日本の英語教育の中枢を担う中井一浩文部科学省国際教育課長:右講演をされる橘由加東北大学准教授        島幸子(梅光学院大学大学院)先生は私の高専時代の恩師です。シンポジウムの様子 河村建夫元文部科学大臣、中井一浩文部科学省国際教育課長が挨拶に立ち、「日本の学生たちの英語力は韓国や中国に比べて、スタートが10年遅れている。その差がグローバル化の中で、国際力として大きな壁となっている。」などと話されました。基調講演では東北大学(高等教育開発推進センター)の橘由加准教授による「英語コミュニケーション能力を図るための教授法とは」と題して講演され、モンタナ大学での留学生への講義や交流などから、日本の学生たちの英語力の低さに危機感を強く感じ、日本と韓国の英語力の比較から、小・中・高の一環した英語教育の必要性を訴えられました。 引き続き行われたパネルディスカッションでは、島幸子(梅光学院大学大学院)先生がコーディネーターをつとめられ、河村建夫元文部科学大臣、中井一浩文部科学省国際教育課長、橘由加東北大学准教授、サンチョリ・リーEFジャパン代表取締役が、各々の経験から、日本の英語教育の現状と対策について話されました。「英語を読み書きできる子どもはいるが、日常会話等でコンミュニケーションを取れる子どもが少ない」等、英語教育の問題点や英語力向上の指導方法についてディスカッションされました。シンポジウムに聞き入る参加者の皆さま             シンポジウムの様子サンチョリ・リーEFジャパン代表取締役:世界規模で留学生のお世話をされています。 [...]

15 03, 2012

「精華学園高等学校」の第2回目の卒業式を挙行しました。3.10

2012-03-15T09:13:11+09:003月 15th, 2012|SEIJI Blog, 精華学園|

平成21年7月1日に宇部市の吉部小学校を借りて、広域通信制の高等学校を開校して、実質2年目を終え、今年は全国で142名の卒業生を輩出することができました。「ヒストリア宇部」で開催した卒業式には、山口県内の卒業生37名が出席しました。ほとんどの生徒がご両親と出席し、ご来賓として元文部科学大臣の河村建夫先生、参議院議員林芳正先生の奥様の裕子さん、また、山口松陰高等学校やお近隣の学習センターからもご出席頂き、厳粛な中にも、和やかな雰囲気で式典が行われました。 卒業証書を手渡す江藤校長 卒業証書授与では江藤修三校長が、一人ひとり、名前と生年月日、卒業生の番号を読み上げて卒業証書を手渡し、一人ひとりに拍手が送られました。代表理事の金子豊先生は、卒業生すべての生徒と入学時に面談し、進路相談にも応じており、感慨無量という顔をされていました。一人ひとりを大切にする教育をこれからも大切にしていきたいと思っています。 卒業生の笑顔が何より喜びです               祝辞を述べられる河村先生大分精華高等学院の生徒が、卒業式で歌とダンスを披露して下さいました。いい思い出ができました。 おかげ様で、平成24年は、いよいよ開校3年目の年に入ります。青少年教育にご理解のある有志の皆さまのご協力で、全国にある学習センターも北海道から沖縄まで74か所になり、また、企業の海外進出で高等教育を受けることが難しい子どもたちのために、外国37か国での受講が可能になるよう準備を進めています。なお、3周年記念事業として、現在、新校舎の新築移転(新山口駅付近)を検討中です。本校となっている旧・吉部小学校は、長年の夢でもある不登校などの課題を持つ子どもたちの合宿所として、また野外教育活動の拠点基地として活用する予定です。何と言っても県央に位置し、秋芳洞、秋吉台、青海島に近く、ヨット教室をする時には、私の海洋研修所が宇部市内にあり、最高にいい立地です。夢は広がりそうです。卒業生との記念写真:2年目を向かえ卒業式らしくなりました。本当に有難いことですね。

29 02, 2012

「日本の英語教育を考えるシンポジウム」のご案内(3月24日13:00~:山口南総合センター)

2012-02-29T13:25:57+09:002月 29th, 2012|SEIJI Blog, 精華学園, 議員活動報告|

「これからの日本の英語教育を考えるシンポジウム」のご案内(3月24日13:00~:山口南総合センター) 日本における英語教育を考えますと、どうしても受験英語に偏り、「自然な会話ができる」「伝えたい事を英語で書く」などのコミュニケーションが苦手な生徒が多い状況にあるように見受けられます。近年、グローバル化が進む日本において、英語は必要不可欠であるとともに、国際社会の中でも英語は共通語として確立されています。そこで、「これからの日本の英語教育を考える」をテーマに、シンポジウムを開催させて頂くことにいたしました。主催は私が理事長をつとめているNPO法人YMO21です。衆議院議員の河村建夫先生(元文部科学大臣)、文部科学省初等中等局の中井 一浩さま(国際教育課長)もご参加頂けることになりました。 《《英語シンポジウムのご案内パンフレットPDF》》 学校・家庭教育における英語教育のあり方について、皆様とともに、考える機会になればと願っています。つきましては、本シンポジウム開催の趣旨をご理解いただき、ご参加賜りますようお願い申し上げます。プログラム  開会 13:30(受付13:00~) 基調講演      「英語コミュニケーション能力の向上を図るための教授法とは」               講師:橘 由加 先生(東北大学准教授)パネルディスカッション      「これからの英語教育のあり方について」 [...]

1 02, 2012

1月は「新春の集い」に出席する機会が多くありました。私も2月4日です。

2012-02-01T13:17:27+09:002月 1st, 2012|SEIJI Blog, 議員活動報告|

1月2月は「新春の集い」に出席する機会が多くありました。国会議員の先生や県議会議員さんの集いは、それぞれ趣向を凝らした内容で、支援者の皆さまの思いが伝わってきます。大人数だけに、議員さんは受付の手際もいいですね。いい勉強をさせて頂いています。いずれも、和やかないい雰囲気でした。私も2月4日に開催いたします。例年、忘年会を行っているのですが、東日本大震災もありましたので、今回は初めて「新春の集い」を開催することにしました。河村建夫先生「新春のつどい」。毎年、紋付袴で、書初めをされます。今年は「昇竜」。岸信夫先生「新春の集い」。安倍先生の講演会がありました。テーマは「美しき日本」。塩満久雄県議会議員「新春の集い」。会場一杯の支援者にびっくりしました。合志栄一県議会議員「新年会」。会場入口には、福祉関係のバザーが出ていました。  

31 01, 2012

第1回「岡村精二近県親善交流野球大会」を、きらら元気ドームで開催しました。

2012-01-31T22:45:53+09:001月 31st, 2012|SEIJI Blog, 後援会活動報告|

後援会とコバッツ野球クラブの主催による第1回「岡村精二近県親善交流野球大会には、山口県のみならず、福岡県、広島県、島根県から、9チームにご参加頂きました。開会式には、衆議院議員の河村建夫先生が、ご来賓として参加くて下さいました。 会場となった「きらら元気ドーム」のグランドは、東京ドームと同じ広さです。子どもたちはグランドに入った瞬間から、プロ野球選手になったような顔をしていました。「場面と役割が、立派さを育てる」といいますが、子どもたちにはいい思い出になったようです。6年生にとっては最後の試合、日ごろ、懸命の練習の成果を十二分に発揮し、溌剌としたプレーを見せてくれました。特に、子どもたちのマナーの良さに、びっくりさせられました。監督、コーチ、そして、保護者の皆さんのご指導の賜物ですね。ご参加くださった各チームの皆様、そして、早朝より準備をしてくださったスタッフと審番員皆様に心より厚くお礼申し上げます。 ドームの電光掲示板に大会名が表示されました。       開会式  寒いなか、一生懸命アナウンスをしてくださった平川さん親子  河村建夫先生がご来賓としてご参加くださいました。 イラストがいいですね。わざわざ作ってくださいました。

20 02, 2011

「岡村精二後援会の事務所開き」 温かい励ましに感謝の気持ちを新たにしました。

2011-02-20T08:35:49+09:002月 20th, 2011|SEIJI Blog|

19日午前11時から12時、岡村精二後援会の事務所開きを行いました。 事務所は現在の建物をそのまま使うので、役員とご来賓の方々だけで、こじんまりと行いました。 何せ、我が事務所の前は、自動車がすれ違えない狭い道路。 駐車場だけは、何とか60台分は確保しました。 本来なら、大きな道路に面した建物を借りるべきなのでしょうが、費用が掛かりすぎますから我慢です。 ただ、いつも使っているだけに、皆さんは有難そうです。 [...]

25 01, 2011

女性の会「はなはな会」を開催。全員で「野に咲く花のように」を合唱しました。

2011-01-25T23:32:51+09:001月 25th, 2011|後援会活動報告|

女性の会「はなはな会」を全日空ホテルで開催し、多くの皆様にご出席頂きました。本当に有難いことと、心から感謝しています。 ご来賓として、お忙しいなか、参議院議員の岸信夫先生、衆議院議員・河村建夫先生の奥様の隆子さん、そして参議院議員・林芳正先生の奥様の裕子さんもご出席下さいました。 女性部会長の渡木美枝さんの挨拶の後、「テレビ寺子屋」(フジテレビ系列)講師という肩書きで、講演をさせて頂きました。演題は「親子のきずな」(親からの手紙に涙する子供たち)」。「親子の手紙のやり取りをとらえた映像」を放映し、「きずなの大切さ」について話させて頂きました。持ち時間は25分でしたが、ついつい5分オーバーしてしまいました。 ティータイムの後、雅原真結さんによる日本舞踊、今井美樹さんによる二胡演奏、宇部民踊愛好会による踊りの披露など、皆様と楽しいひとときを過ごしました。 そして、最後に「はなはな会」のテーマソングになった「野に咲く花のように」を合唱しました。 終わりの挨拶で後援会長の村田義三さんが選挙のことに触れられて『前回の統一地方選挙では「岡村精二は大丈夫!」との風評が行き渡り、終わってみれば、7人中5位でした。今回は最後まで気を引き締めて応援をして頂きたい」と述べられました。私自身が、一番、気を引き締めなければいけませんね。

17 01, 2011

今年の書初めは「跳躍」。河村建夫先生の「新春の集い」に出席しました。

2011-01-17T09:03:33+09:001月 17th, 2011|SEIJI Blog|

宇部全日空ホテルで行われた恒例の「新春の集い」には、約450名の支援者が出席しました。 羽織はかま姿で、登場された河村先生が書かれた書初めは「跳躍」。 「ウサギのように、大きく飛び跳ねたい」との思いだそうです。 乾杯後に挨拶の機会を頂き、 「沈み行く日本を救うには、あまりにも時間がありません。 山口県という言葉には先駆けになるとか先人を切るという意味があるそうです。 [...]

11 10, 2008

障害者就労支援 角打ち『鍋島』開店

2008-10-11T17:51:39+09:0010月 11th, 2008|SEIJI Blog|

障害者就労支援のお店、角打ち『鍋島』を山口宇部空港出発ロビー、 しかも入口側に開店しました。(新聞記事参照) この企画は2年前、社会福祉法人「南風荘」の田畑直文さんより「自立支援法に基づく、障害者の就労支援の場づくりとして、角打ちの店をつくりたい」との申し出があり、熱意に打たれ、その日のうちに、岡村が仮の平面図、立面図、断面図、配置図、予算書等を描き、事務局との意見調整を進めながら準備して参りました。 おかげさまで、「山口きらめき財団」より約250万円の助成金を頂き、空港事務所のご好意で、出発ロビーの搭乗口そばに設置させて頂くことができました。全国の空港でも、初めての事例であり、しかもその運営を障害のある方々で行うということも初めてです。そのため、8月と9月には約1週間の試験的な営業と販売訓練を行い、オープン初日を迎えました。 当日はテレビ局4社と多くの新聞者が取材に来られました。これからも雑誌社やテレビ局の取材も行われ、注目を集めそうです。 授産施設等の仕事は、屋内にこもっての仕事がほとんどです。 [...]