阪神淡路大震災

21 06, 2011

災害用「復興支援ハウス」の展示会を7月15日(金)に東京都庁(ふれあいモール)で開催

2011-06-21T22:30:53+09:006月 21st, 2011|SEIJI Blog, 東日本大震災|

平成7年の阪神・淡路大震災以来、15年間に亘って取り組んできた災害用早期設置型組立て式「復興支援ハウス」の展示会を「東京都庁」で開催させて頂くことになりました。研究作品を公の場で、発表できる機会を頂けたことを、本当に有難く思っています。 当ハウスは阪神淡路大震災における被災者の過酷な避難所生活を教訓に、体育館等でのプライバシーのない生活からの早期解放と、過労やストレスによる精神的肉体的な負担を低減することを目的に、大都市大震災を想定して研究開発したものです。 保管・搬送時は箱型で、組立て時間は約1時間です。 ジャッキを備えているので、傾斜地にも設置でき、移動も簡単で、再使用できます。 室内には4人分のベッド、トイレ、シャワー、キッチン、テーブル、冷蔵庫などを備えており、設置後、すぐに入居できます。 仮に各県で100戸程度備蓄しておき、災害発生後、被災地に大型トラック(6~9戸積載可能)で搬送すれば、3日程度で約5000戸の支援ハウスを設置することができます。 [...]

18 12, 2010

新西釣具店の縄田百合夫さんが画期的なウキで特許を取得

2010-12-18T22:43:15+09:0012月 18th, 2010|SEIJI Blog|

釣りファンなら、ぜひ1個は持っておいてほしい優れものです。 特許を取得したウキは、チヌ釣りなどを行うとき、竿を左右に動かしても、浮き下の深さを一定に保ち、しかも、魚が釣れた場合にはストッパーが自動的に外れて、手許まで魚を引き寄せることができます。 縄田さんは長年の友人で、この画期的なウキの開発と特許取得に10年以上も携わっており、何度も試作しては改良を繰り返す姿を見てきましたが、執念ですね。 素晴らしいと思います。 私も阪神淡路大震災以来、災害用早期設置型シェルター(緊急避難施設)の開発に取り組んで15年になりました。 これまでに特許申請を行うために、100万円を超える支出をしています。 [...]