災害ボランティア | 岡村精二・森と海の学校

Tagged
クイック・キャビン『スマイリー』(新・復興支援ハウス) が完成しました。
クイック・キャビン『スマイリー』(新・復興支援ハウス)の試作品が完成し、山口県庁の議会棟駐車上で一般公開をさせて頂きました。外観だけを見ると小さく見えますが、中は十分な生活空間があり、ベッド(4人分)、テーブル、洋服入れ、フリースペース、シャワー、トイレ、キッチン、釣り戸棚、冷蔵庫、テーブルがあります。 上の写真は、今...
災害ボランティアを支援するため、宮城県石巻市に「支援ハウス」が設置されました。
3月26日、宮城県石巻市の専修大学・第2駐車場に搬送設置された支援ハウス。3月24日午後5時に出発して、2日後、無事、設置されました。堀之内哲也君と酒井洋君の二人が4トントラックで1300㌔を運転しました。さずが、若さですね。支援ハウスはボランティアが解散されるまで使って頂きますが、3年くらいは設置しておく必要がありそ...
災害用早期設置型組立て式シェルター(復興支援ハウス)を宮城県石巻市へ搬送
2011年3月24日、午後5時、災害用早期設置型組立式シェルター(復興支援ハウス)2台を、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の津波で被災した宮城県石巻市に搬送するため、宇部市を出発しました。 ◆共同通信でも紹介していただいています。 共同通信47NEWSの記事は←こちら 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から10日...