きららドーム

31 01, 2012

第1回「岡村精二近県親善交流野球大会」を、きらら元気ドームで開催しました。

2012-01-31T22:45:53+09:001月 31st, 2012|SEIJI Blog, 後援会活動報告|

後援会とコバッツ野球クラブの主催による第1回「岡村精二近県親善交流野球大会には、山口県のみならず、福岡県、広島県、島根県から、9チームにご参加頂きました。開会式には、衆議院議員の河村建夫先生が、ご来賓として参加くて下さいました。 会場となった「きらら元気ドーム」のグランドは、東京ドームと同じ広さです。子どもたちはグランドに入った瞬間から、プロ野球選手になったような顔をしていました。「場面と役割が、立派さを育てる」といいますが、子どもたちにはいい思い出になったようです。6年生にとっては最後の試合、日ごろ、懸命の練習の成果を十二分に発揮し、溌剌としたプレーを見せてくれました。特に、子どもたちのマナーの良さに、びっくりさせられました。監督、コーチ、そして、保護者の皆さんのご指導の賜物ですね。ご参加くださった各チームの皆様、そして、早朝より準備をしてくださったスタッフと審番員皆様に心より厚くお礼申し上げます。 ドームの電光掲示板に大会名が表示されました。       開会式  寒いなか、一生懸命アナウンスをしてくださった平川さん親子  河村建夫先生がご来賓としてご参加くださいました。 イラストがいいですね。わざわざ作ってくださいました。

6 09, 2011

山口県の課題:若者の交流人口拡大のために、有名アーティストのコンサート会場を

2011-09-06T15:38:28+09:009月 6th, 2011|SEIJI Blog, 議員活動報告|

一般質問で、「若者の交流人口拡大と定住策について」について質問しました。答弁に立った二井知事も、「山口県の大きな課題として捉え、努力したい」旨の回答をいただきました。 山口県の人口は145万人を割り込み、若者の居場所、たまり場づくりが、定住策の大きな課題であり、子どもたちの笑顔があふれる県づくりには、時代を担う若者たちにとって魅力的な県にしていかなければと思っています。きららドームで、エグザイルやAKB、スマップのコンサートができるといいのですが・・・・。 一般質問:「若者の交流人口拡大と定住策について」次に、若者の交流人口拡大と定住策についてお尋ねいたします。 私は若い頃から旅行が好きで、国内の観光地は、ほとんど見て回りましたが、全国的にも山口県ほど、観光資源に恵まれた県はありません。 しかし、観光客、特に福岡空港に来日した外国人の多くが、阿蘇や長崎方面に行ってしまう状況は、残念でなりません。 若者たちについてはどうでしょうか。私たちの世代には、萩の歴史文化、秋芳洞や山陰沿岸の素晴らしい自然美、そして、何より温泉は魅力的ですが、残念ながら、若者たちには、あまり、おしゃれな場所と受け止められていないようです。 [...]

10 01, 2011

連日の正月行事が終了

2011-01-10T21:31:49+09:001月 10th, 2011|SEIJI Blog|

1月6日、きららドームで開催された山口県警察年頭視閲式に山口県議会・文教警察委員長として参加しました。 警察官はやはり、カッコいいですね。 分列行進の後に行われた部隊巡閲には、パトカーと同じ配色のオープンカーに乗せていただきました。 式典後のアトラクションとして行われた警察音楽隊によるドリル演奏、女性警察官によるカラーガードも最高に良かったです。 終了後、ドームの外ではパトカーや白バイの展示会が行われていましたが、すぐそばの来賓用駐車場に置いてあった私の「愛車デリカ」を展示車両と勘違いして、記念写真を撮っている参加者がいました。 「バイオディーゼルで走っています」という大きなシールが貼ってあるので勘違いしたようです。 [...]