TAGs

東日本大震災支援「炊き出しボランティア実践隊」16名参加 8.18-21

Updata 2012年 8月20日
会長を務めさせて頂いているSYD修養団宇部市連合会主催による東日本大震災「炊き出しボランティア実践隊」を募集したところ、
有難いことに中学1年生から77歳まで16名のご参加を頂きました。
日程は8月18日から21日までの3泊4日。
参加者個人の負担金は東京までの往復の交通費で、
東京からの福島までの移動費、現地での宿泊、炊き出し費用などは、すべて修養団本部が負担して下さいました。
炊き出しを行った場所は、福島県新地町小川公園仮設住宅(被災後、最初にできた仮設住宅)で、世帯数は110戸です。
食事は、カレーライス(250食)、焼きそば(150食)、杏仁豆腐(200食)、コーヒーを提供しましたが、すべて食べて頂くことができました。
現地では、宇部テクノエンジ㈱と和宏産業㈱の社員さん4名が応援として参加して下さいました。
お土産を兼ねて持参した宇部銘菓「うべっこ」も被災者の皆様に食べて頂き、たいへん好評でした。
「この時期に至っても、炊き出しが必要なのですか」という声がありますが、今だからこそ、交流と声掛けを求めている被災者がたくさんいます。
『私たちは、被災者に皆さんを決して忘れてはいません』というメッセージでもあります。

被災された皆様のお話をお伺いしました。

「今、生きていることだけで幸せ。」
「家族の絆の大切さを改めて感じた。」
など、『幸せは日々の生活の中にある』と心から思わせて頂きました。
 炎天下でのボランティア活動でしたが、被災者の皆様の笑顔に接し、大きな感動と勇気を頂きました。

8月18日(土)

新山口駅を出発し、東京駅からはバスで福島県猪苗代、そして夕方、
檜原湖畔の「ばんだいふれあいぴあ」に到着し、
炊き出しのための下拵えを行いました。
夕食は「炊き出し用のカレーライス」です。


18日06:30新山口駅集合 07:06発の「のぞみ」で東京へ

中学1年生の最年少の室田萌さん。

東京から合流した中村美月さん(中学1年生)。   17:00SYD修養団の「ばんだいふれあいぴあ」に到着。

参加者全員で最初の記念写真。                吉田佑輔くん。


「ばんだいふれあいぴあ」は、福島県磐梯の桧原湖畔にある自然環境抜群の施設です。 杏仁豆腐班の皆さん。

焼きそばの下拵えをする 岡田悟君。            人参の皮むきをする縄田さんと祝迫さん       

カレー用の玉ねぎを剥く松田宏平君と天満太一君。

 ジャガイモの皮を剥く浅上さんと吉田君                                   男性料理教室の先生 平岡弘子さん

修養団講師の青木先生                     原精友会会長の縄田さん

試食を兼ねての遅い夕食でしたが、充実があり楽しい一時でした。
19日(日) いよいよ、福島県新地町「小川公園仮設住宅」での炊き出しの日のです。

炊き込み用の食材・器材を積み込む。              福島県新地町近郊の被災地で

祝迫さん、平岡さん、浅上さんと。                 原精友会(私の地区後援会)の皆さんと。

小川公園仮設住宅(最初にできた仮設住宅です)約110世帯が居住。炊き出しのビラを配布する吉田君。

現地集合で参加して下さった岩国市の企業である『和宏産業㈱』の皆さん。

修養団食堂のメニューは、カレーライスと焼きそば、杏仁豆腐、コーヒー、銘菓「うべっこ」です。

焼きそばを盛り付ける石丸さん                 杏仁豆腐を試食中の子どもたち

頂いた「かれい」の刺身がおしかったです。 祝迫さん。     中学1年生コンビの中村さんと室田さん。

小川公園の仮設住宅、うまく配列されていました。     修養団炊き出し部隊(18名)

村上さんの講話は感動そのものでした。「家族の大切さ」、「日常のなかにある幸せの大切さ」を学ばせて頂きました。

仮設住宅の自治会役員の皆さまとの記念写真です。   お見送りありがとうございました。

20日(月) 早朝から自主的に施設の掃除をされる参加者の皆さんの姿の感動しました。
       帰路、『五色沼』と『野口英雄記念館』に立ち寄り、
       午後3時半には、品川のホテルに到着しました。

       夜は子どもたちを引率して、東京タワーに行きました。
       展望台ではNHK大河ドラマ「篤姫」で久坂玄瑞を演じた東武志さんのFMライブがあり、
       私たちの活動を紹介して頂きました。


トイレ掃除をする植木さん。                   庭掃除する山下さん。

                                   感想文に真剣に取り組む植木さん。

反省会では、一人ひとり意見を述べました。
植木さんは、福島原子力発電所の建設当時、8ヶ月間、近くの旅館で生活していたそうですが、
今は立ち入り禁止地区になっており、当時、お世話になった方々が、今どうしておられるのかを案じていました。

東京タワー展望台での東さんのライブ。室田さんと河内さん。

21日(火) 最終日は午後2時まで自由時間。
       私は子どもたちを引率して、浅草寺を見学し、水上バスで日の出桟橋、
そして、
       子どもたちの要望で、ポケモンセンターに行きました。

       大人の皆さんは、早朝ホテルを出発し、スカイツリー展望台に昇り、浅草寺、アメ横、そして、
       秋葉原まで行ったそうで、万歩計は19000歩を示していました。


バックはスカイツリー。(水上バス乗り場で)         浅草寺の雷門の大きな提灯の前で

ポケモンセンターで                       皆さん、たいへんお疲れ様でした。
(こんなにたくさんの写真をHPに掲載したのは初めてです。所要時間4時間)

 

登録カテゴリー: トピックス, ブログ, 東日本大震災

「猪瀬直樹」さんがブログに「支援ハウス」のことが書いてくださいました。他にも、、、。

Updata 2011年 9月11日

東京都副知事の猪瀬直樹さんがご自身のブログで、私の支援ハウスを紹介して下さいました。
7月15日の都庁での見学会には、石原都知事と一緒に見学に来られました。
綿パンに綿シャツ姿のまったく飾らない姿に、個人にもファンになりました。
いずれ、講演会を開いてお招きできればと思います。

(猪瀬直樹さんのブログ)

2011年7月15日 (金)

こういう仮設住宅が震災直後に届けられていたらなあ。

Dsc01582Dsc01549

(写真右) 石原知事の左側にいるのが、開発した山口県議で工学博士の岡村精二さん。
避難所で暮らす東日本大震災の被災者のための「住宅復興支援ハウス」が東京都庁で展示されたので、石原知事とともに入ってみた。
大人4人で1時間で組み立てられる。重機は不要。250万円ぐらい。試作品なので1棟のみ。

Dsc01596 Dsc01571

(写真左)床面積7㎡ちょっと。船のキャビンのようにコンパクトにできている。冷房もシャワーもトイレもある。
〈写真右)安倍晋三元総理もきた(開発した岡村さんは山口県の人だものね)。

Dsc01593_2

(写真左)二段ベッドも

NPO法人「ON THE ROAD」 東日本災害支援PROJECTのHPでの紹介

(NPO法人「ON THE ROAD」での掲載2011.5.24)

住宅復興支援ハウス
2011/05/24

凄い優れものなので、紹介を。

Img002阪神大震災の際、避難所生活での被災者のストレスや、
仮設住宅の建設まで時間が掛かっていたことから、
岡村精二さんが、簡単で素早く用意できるハウスを開発し、
新潟県中越地震でもボランティアの拠点として使用しました。

オンザロードのスタッフてつやとひろしが、石巻に搬送してきて、
現在ボランティアの救護室として使っています。

■山口県議会議員の岡村精二さんのHP
支援ハウス搬送までの経緯などの詳細があります。
http://okamura21.com/topics/saigai-shel-hansou.html
IMG_3477

復興支援ハウスは、トラックやヘリで運べて、
重機や専門家でなくとも、大人4人で1時間で組み立てれます。
基礎工事も不要で、備え付けのジャッキで傾斜地にも建てれます。
設備としては、4人分のベッド、トイレ、シャワー、キッチン冷蔵庫
太陽電気でバッテリーに充電して、換気扇も動きます。

IMG_347620110525_S_036

僕らの(新)保健室「住宅復興支援ハウス SMILEE」
(NPO法人「ON THE ROAD」での掲載2011.8.8)

2011/08/08
今日もセミの大合唱が聴こえてくる大崎市のボランティアヴィレッジからこんにちわ。
今日は僕らの「保健室」として絶大なる安心感を寄せることができている優れものを紹介させていただきます。

その名は、「住宅復興支援ハウス」

6a015431e79d24970c0154328599fe970cあれ?それってずいぶん前にブログで紹介されて無かったっけ?そう思い当たる節がある人は、かなりのオンザロードマニアです。素晴らしい!!
そうなんです、第一期の時からヴィレッジにはこの「住宅復興支援ハウス」が設置されていました。過去にもブログで紹介させていただいたんですが、

過去の記事はこちら  → http://bit.ly/q8EI4T

さらに!!「クイックキャビン SMILEE」と名付けられた前回よりも改良されたバージョンがオンザロードのヴィレッジにお目見えしました。

20110803_S-1

山口県議会議員でもある開発者の岡村精二さんが今回もぜひオンザロードで使ってください。ということで、設置させていただきました。内部にあったトイレが外付け化され、居住スペースの中に入ってくるニオイを完全にカット!(写真右、現在は倉庫として使用)

20110803_S-3

ベッドの手前に出来たリビングスペース。イスが楽々2つ入るこのスペースは4人分のベッド、トイレ、シャワー、キッチン、テーブル、冷蔵庫などを備えた上で憩いの場も創出。

20110803_S-1420110803_S-12

もちろんエアコンも完備!!

20110803_S-8

詳しい改良点や優れものっぷりは、岡村先生のHPをぜひご覧くださいね。

【山口県議会議員 岡村精二オフィシャルホームページ】

http://bit.ly/o9zTsq

びっくりするのは、実はヴィレッジにやってくる前、なんと東京都庁で展示されていたんです!

東京都庁での展示の様子はこちらから → http://okamura21.com/blog/tokyo.html

スクリーンショット(2011-08-07 17.48.39)

石原都知事や、安倍元首相もこのハウスを見学され、関心が高まっているこの住宅復興支援ハウス。

オンザロードでは、猛暑や急激な気温の変化で体調を崩したメンバーが体を休めるための保健室として代活躍中です。急な集中豪雨などでテントが浸水した場合に駆け込める場所としてもしっかり活用させていただいています。

隅々まで被災者さんたちに早く自立へ向けての第一歩である安心できる住空間を提供したい。という熱い想いが詰まっています。

20110803_S-24
※イメージ図

現在、世界に新旧合わせても3つしかないこの住宅復興支援ハウス。お陰さまでいざ体調を崩したときにも、安心して休養を取ることができています。

出番が来ないことが一番いいことなんですが、この安心感を知ってしまった僕達は、今後の自然災害の際のために、もっともっと関心が高まって活用されていく場が増えて欲しいと僕達も思っています。

心を込めて日々のボランティア活動に勤しむことが、岡村先生をはじめ関係各所のみなさまのご好意に答えることだと思って、これからもしっかり!現場で汗を流そうと思います。こころから感謝!

もし直接ご覧になりたい方がいましたら、NPOオンザロードのヴィレッジまでお問い合わせくださいね。

登録カテゴリー: ブログ

クイック・キャビン『スマイリー』(新・復興支援ハウス) が完成しました。

Updata 2011年 7月13日

クイック・キャビン『スマイリー』(新・復興支援ハウス)の試作品が完成し、
山口県庁の議会棟駐車上で一般公開をさせて頂きました。
外観だけを見ると小さく見えますが、中は十分な生活空間があり、ベッド(4人分)、テーブル、
洋服入れ、フリースペース、シャワー、トイレ、キッチン、釣り戸棚、冷蔵庫、テーブルがあります。

上の写真は、今回の製作をお手伝いして下さった皆さんです。本当にありがとうございました。
もちろん、妻も入っています。

今回の改良点は
1.トイレの臭いが気になるとの意見が多かったので、物置と兼用のトイレを外に取り付けたこと。
2.組立て方式を変更したこと。
3.旧タイプより、少し広くし、フリースペースを設けたこと。
4.エアコン、温水器を組み込みました。
5.素材はFRPと木造です。

「スマイルは笑顔、リーはシェルターの意味があります。被災した皆様に笑顔を届けたいとの願いを込めて命名しました。」

搬送時:長さ3.550m 幅2.230m 高さ1.200m
(4㌧トラックに2戸、10㌧トラックに6戸積載可能)


組立時:長さ5.160m 幅2.855m 高さ2.560-2.860m
床面積:10.330㎡(本体9.250㎡ 物置・トイレ1.080㎡)
組立時間:約1時間(大人4名)解体時間:約30分

災害用早期設置型 住宅復興支援ハウスの提案

2005年の新潟県中越地震の際には被災地の小千谷市で、災害ボランティア4名が約1ヶ月間使用し、ボランティアの拠点施設と救護所の役割を果たしました。
また、東日本大震災においては、宮城県石巻市社会福祉協議会ボランティアセンターに設置され、テント泊をしている災害ボランティアの救護所として使用されています。
災害ボランティアの生活は、その多くが持参したテントに寝泊りしているのが実情です。
居住空間は狭く、冷暖房設備もない生活のなか、ハードなボランティア活動により体調を崩してしまう人が多くいます。
支援ハウスは狭い敷地に多数設置することが可能であり、その有効性が確認されています。

活用事例から、被災地における小規模拠点施設や災害ボランティア、仮設住宅建設作業員などの短期居住施設、自衛隊の野営施設などに有効だと思われます。
また、大都市大震災においては、公園や小さな空き地に設置できるなどの利点があります。
また、設置後も簡単に移動でき、保管管理が容易で再使用できることから、環境への配慮がなされています。

支援ハウスの活用には「備蓄」が不可欠であり、度重なる災害の発生、「必ず来る」と予測される関東、東海、東南海地震への対応のためにも備蓄されることを願っています。

登録カテゴリー: ブログ, 東日本大震災

災害ボランティアを支援するため、宮城県石巻市に「支援ハウス」が設置されました。

Updata 2011年 3月30日

3月26日、宮城県石巻市の専修大学・第2駐車場に搬送設置された支援ハウス。
3月24日午後5時に出発して、2日後、無事、設置されました。
堀之内哲也君と酒井洋君の二人が4トントラックで1300㌔を運転しました。
さずが、若さですね。
支援ハウスはボランティアが解散されるまで使って頂きますが、3年くらいは設置しておく必要がありそうです。
少しでも、お役に立てば有難いです。

登録カテゴリー: ブログ, 東日本大震災