TAGs

「第25回子ども自然体験スクールin沖縄」 (2016年3月27日〜4月2日開催)

Updata 2016年 1月22日

【募集終了】
おかげ様で『第25回子ども自然体験スクールin沖縄』の募集を終了しました。
今回は北海道や大阪からもご参加を頂きました。厚くお礼申し上げます。

先日、スタッフ3名で沖縄での最終打ち合わせを終え、いよいよ準備も本格し、学生たちで事務所はにぎわっています。
13日には午後2時より参加者の事前研修を宇部市男女共同参画センターで開催します。
研修生と保護者250名が参加予定です。

子ども自然体験スクールは平成4年から始まったNPO法人「森と海の学校」の小中学生を対象にした研修旅行です。
これまでに沖縄、石垣島、富士山、中国、韓国など24回実施しており、今回が25回目です。
25年間も継続できた大きな理由は
①毎回、子どもたちから、大きな感動を頂いていること。
②参加した子どもたちが班長やチームリーダーに憧れ、スタッフとなって運営されてきたこと
だと思います。
014

今回はシュノーケリングによる「青の洞窟」探検やカヌー、魚釣りなどの海洋研修、沖縄戦跡、美ら海水族館、首里城の見学、野外炊飯、「人生設計図(ライフサイクルプラン)の作成」などの研修を通して、「自分とって親とは何か」「人生の生き方」を学びます。
(海洋研修は救命胴衣を着けて行いますので、泳げなくても大丈夫!)

0030150160001001101201801900820006

森と海の学校は「4泊5日子ども自然体験キャンプ」「4泊5日長期ヨットクルーズ」「子ども匠の学校」「アサリ貝の養殖作業体験」「浴衣の着付け教室」などの青少年教育活動を行っている団体です。
私が理事長、運営本部長をさせて頂いています。

第23回資料-(新聞・写真)

登録カテゴリー: お知らせ, ブログ, 森と海の学校

「第22回子ども自然体験スクールin石垣島・竹富島」のご案内

Updata 2012年 12月30日

家庭教育等PTA活動促進・環境教育事業
第22回子ども自然体験スクールin石垣島・竹富島実施についてのお願い
東日本大震災への支援活動のため中断していた体験教育活動を再開することになり、このたび、山口県教育委員会、山口県PTA連合会をはじめ多くの団体のご後援ならびにご協力を頂き実施させて頂くことになりました。
つきましては、ご多忙中のところ、誠に恐縮に存じますが、参加者の募集のため、広くご紹介下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


マエサトビーチでの海水浴(後方はANAホテル:宿泊場所ではありません)

石垣カレーを作っています。                  クラフトづくりで作ったシーサー

目 的 平成4年から継続実施されている小中学生を対象とした6泊7日の研修です。
規律ある団体生活を通じ心身を鍛練し、参加者相互の友好を深めながら感謝の心と連帯協調の精神を養い、心豊かな冒険心あふれる青少年を育成することを目的としています。
《自然体験スクールの特徴:PDFファイル》
日 程
平成25年3月28日(木)~4月3日(水) 6泊7日
交通手段
山口-福岡空港(貸切バス) 福岡-那覇-石垣(ANAまたはJAL) 石垣島-竹富島(高速艇)
宿泊施設及び研修内容
宿泊施設 沖縄県立「石垣青少年の家」
研修内容 石垣島、竹富島:自然体験学習、伝統芸能観賞、防災教育(避難所体験)、父母からの手紙
ライフサイクルプラン(人生設計図)の作成、講演「可能性への挑戦」
募集対象
小学3年生~中学生(男女)
募集人数
100名(申込先着順)(最小携行人数30名)
募集締切
平成25年3月4日(月)

登録カテゴリー: ブログ, 森と海の学校

第22回Project松陰ジュニア洋上スクールin沖縄・渡嘉敷島の日程が決まりました。(2012.1.3中止を決定)

Updata 2011年 8月14日

今年は、東日本大震災と、それに関わる災害ボランティア支援、統一地方選挙、また山口国体の関係で、NPO法人「森と海の学校」の活動は、すべて中止となりました。
多くの皆さまから、自然体験キャンプなどの実施について、お問合せを頂きましたが、ご期待に添えず申し訳なく思っています。
来年こそはとの思いです。
第22回ジュニア洋上スクールの素案がまとまりました。
詳しい日程調整、内容はこれからですが、大まかな実施内容が決定しました。
最終決定は11月末、募集開始は12月中旬の予定です。

第22回 Project 松陰 ジュニア洋上スクール in 沖縄・渡嘉敷島(案)
【実施テーマ】
「親子・家族の絆をつむぐ」(親が子に生き方を教える)
「夢を夢のままにせず、その実現に向かって努力する子どもを育てる」
目的
航海訓練、海洋研修及び規律ある団体生活を通じ、心身を鍛練し、参加者相互の友好を深めながら、
体感教育の実践を通して、協調連帯の精神を養い、社会参加の意義と自らの生き方を探究し、
自己改革への訓練を行う。
日時 平成24年3月28日(金)~4月5日(木) 6泊7日
場所 沖縄県・渡嘉敷島
参加対象 小学1年生~中学生
参加費用 約95000円
概略日程
1日目:新山口駅、宇部市役所または新下関駅往路は鹿児島経由、フェリーで沖縄(那覇市)へ。
2日目:洋上研修、洋上レク。
3日目:沖縄南部観光(ひめゆりの塔、琉球ガラス村、慰霊祭)を終えて、渡嘉敷島へ。
4、5日目:渡嘉敷島で海水浴と魚釣り、珊瑚クラフト、研修「親子の絆」。
6日目:沖縄ユースで、研修「夢を実現する人生設計図づくり」、フェスティバル。
7日目(最終日):「首里城」見学、ショッピング、帰路は飛行機(ANA)で福岡へ、バス移動、宇部市役所玄関前で解団式。18:45解散

第20回、第21回ジュニア洋上スクールの写真です。

昨年4月の「第21回ジュニア洋上スクールin石垣島」では、災害訓練として、簡易寝袋を使った避難所での生活体験を体育館で行いました。
使用しているブルーシートは1.8m×1.8mサイズで、二つ折りにし封筒状にした簡易寝袋です。
それから1年後、東日本大震災の発生。
避難所生活のたいへんさを、子どもたちは自ら体験していただけに、被災地のテレビ映像をどう受け止めたでしょうか。
簡易寝袋は防災グッズとして、全員持ち帰らせました。

登録カテゴリー: ブログ

卒塾生の寺戸君、キャンプスタッフの松永さん、中山君がそれぞれ結婚しました。

Updata 2011年 6月12日

卒塾生の寺戸君がソルポニエンテで、そして、「森と海の学校」のスタッフである松永さんは赤間神宮で結婚式を挙げました。
また、恩師の中山靖雄先生のご子息であり、「森と海の学校」のスタッフの中山雅貴君が新婚旅行中に我が家を訪ねてきてくれました。
秋には、岡村正徳くんと土生あづささんの結婚式があります。
共に卒塾生であり、「森と海の学校」のスタッフです。
長年、子どもたちと関わってきて良かったと心から感じています。

寺戸太郎君は昭和62年、小学5年生のときに入塾しました。
夏の4泊5日のキャンプは福岡県篠栗で行いましたが、5日連続大雨で、もっとも辛いキャンプを経験しています。
また、翌年のキャンプは秋吉台少年自然の家まで、往復100㌔をサイクリングしました。
中学3年生の夏休みは、ヨットで萩の見島までクルージング。
私が一番、野外活動に燃えていた頃の塾生です。
9月には小太郎君が誕生予定です。
(山陽小野田市のソルポニエンテにて)

松永さんは、中国へのジュニア洋上スクールに団員として参加して以来のお付き合いです。
非常に低学年に優しく、世話好きな優秀な子でしたから、翌年から10年以上もキャンプやジュニア洋上スクールのスタッフとして活躍してくれました。
(下関市の赤間神宮で結婚式、披露宴は春帆楼で行われました)

中山雅貴君は、生まれた頃からのお付き合い。
お父さんは、私の人生の師である中山靖雄先生。
今、福祉施設の職員として、働いています。
「新婚旅行は山口県、私の家まで来ること」
北九州まで足を伸ばし、関門海峡は地下道を歩いて渡ったそうです。
(小倉リーガロイヤルホテルにて)

登録カテゴリー: ブログ, 森と海の学校

「第22回ジュニア洋上スクール」(兼・第28回子ども自然体験キャンプ」」は中止いたします。

Updata 2011年 4月10日

東日本大震災、福島原発事故の影響と、山口国体のため山口県議会定例9月議会が8月下旬から召集されるため、熟慮した結果、「第22回ジュニア洋上スクール」(兼・第28回子ども自然体験キャンプ)は、とても残念ですが中止することに決定しました。
期待していた皆様には申し訳なく思っています。
下記のように素晴らしい企画なので、来年こそはと念じています。

「第22回ジュニア洋上スクールin富士山&ディズニー」(兼・第28回子ども自然体験キャンプ」
メインは富士山登山とディズニーランドです。

募集対象:小学3年から中学生(男女130名) 参加費用:未定

日程(案)
8月20日(土)
15:00集合(宇部市内)-結団式-16:00バス移動
北九州・門司着-17:00夕食-18:00乗船(オーシャンフェリー)-19:10門司港出港
-班別活動-21:00就寝                           (船中泊)
8月21日(日)
終日:洋上研修(班別活動、講話「可能性への挑戦」、ライフサイクルプランの作成など)
(徳島港寄港9:30~11:30)                         (船中泊)
8月22日(月)
5:00東京フェリーターミナル接岸-7:00下船-朝食-東京タワー-靖国神社「遊就館」見学
-国会議事堂ほか-バス移動-15:00御殿場(富士社会教育センター)着-オリエンテーション-
登山準備・研修-夕食・入浴-19:00就寝  (御殿場・富士社会教育センター泊)
8月23日(火)
4:00起床-5:30富士山登山スタート-11:00頂上(昼食)-12:00下山開始-
15:00登山口着-16:00温泉入浴-17:00夕食-御殿場(国立中央青少年の家)着
オリエンテーション-20:00就寝                        (御殿場・国立中央青少年の家・テント泊)
8月24日(水)
07:00起床-朝の集い-09:00バス乗車-「富士五湖」周辺観光-昼食-水泳(プール)-
15:00青少年の家着-野外炊飯-18:00食事・入浴-20:30講話「親子のきずな」-
21:00就寝                     (御殿場・国立中央青少年の家・テント泊)
8月25日(木)
07:00起床-朝の集い-9:00感想文書き-11:00野外炊飯(昼食)-15:00ライフサイクル・
プランの作成-17:00夕食・入浴-班別活動-21:00就寝
                            (御殿場・国立中央青少年の家・テント泊)
8月26日(金)
06:30起床-荷物の整理-朝食-09:00バス移動-11:00ディズニーランド着-自由行動
-16:00バス移動-夕食-18:30乗船(オーシャンフェリー)-19:10出港-班別活動
                                              (船中泊)
8月27日(土)
終日:洋上研修(立志の誓い、ライフサイクルプランの作成、ボトルinメッセージ、さよならフェスティバルなど)
(徳島港寄港13:30~14:30)                           (船中泊)
8月28日(日)
5:40北九州・門司フェリーターミナル接岸-07:00下船-(朝食)
-10:00宇部市内着-10:30解散

(写真:左2枚は子ども自然体験キャンプin阿蘇 最右はジュニア洋上スクールin沖縄)

登録カテゴリー: ブログ

第21回子ども自然体験スクールin石垣島・西表島

Updata 2010年 4月4日

「第21回子ども自然体験スクールin石垣島・西表島」が、今日からスタートです。

今回は、山口県内から143名の子どもたちが参加します。参加者の最年少は小学2年生。
スタッフは24名、最年少は中学2年生、主席指導員は大学2年生。
総勢166名、こうして平成4年以来、21回も継続できていることに感謝です。

本来は往復、客船を使用し沖縄や中国、韓国などに行くジュニア洋上スクールですが、昨年の新型インフルエンザの影響を考慮し、船室での生活は感染の恐れもあり、飛行機での往復となりました。
名前は自然体験スクールですが、研修内容はジュニア洋上スクールと同様です。石垣島はすでに夏。3月15日には海開きも終わっています。

早朝、7時30分から8時30分にかけて新山口駅、宇部市役所前、新下関駅に、緊張した顔で子どもたちが集合しました。
たくさんの皆様にお見送りを頂きました。ありがとうございます。これから6泊7日の子ども自然体験スクールが始まります。

初めて親から離れて生活する子どもたちも多く、時折、不安な笑顔を見せます。
多くの保護者の皆さんのお見送りを頂き、集合場所を出発。
バス3台に乗車した子どもたちは吉志SAで合流。
古賀SAでトイレ休憩をした後、福岡空港に到着しました。
初めて出あったにも関わらず、友だち作りの得意な子どもは、親友同士のような会話をしていました。
出発ロビーで班編成を行い、搭乗手続きをして、日本航空と全日空の2便に分かれて沖縄へ、ここで乗換、石垣空港には午後3時から5時にかけて到着しました。

初めて飛行機に乗る子どもたちも多く、機内では笑顔と会話が絶えませんでした。

到着後、バスで石垣少年自然の家へ。

この時、ハプニングが起こりました。なんとバスのトランクが開いて、子どもたちの荷物が路上にコロコロと転落。偶然、外を見ていた子どもたちが気づいて、ユーターンしました。
親切な人が、5個の大きな荷物を歩道に引き上げ、バスを待っていて下さいました。
石垣島の皆さんに感謝です。

石垣少年自然の家(上写真右)は、あまり大きくない施設ですが、研修を行うには最高の施設です。
部屋は洋室と和室、各部屋3班20名程度の部屋割ですが、子どもたちは人数が多いほど大喜びです。

(上写真左)結団式。点呼中。「点呼!海組総員22名。現団員22名異常なし!」
(上写真中央)主席指導員の岡村星香です。7日間、頑張ります。大学2年生、0歳から21年間、キャンプや洋上スクールに参加しています。
(上写真右)団長の赤川信恒先生、淨名寺の住職さんで、山口県キャンプ協会事務局長、キャンプの上級指導員です。

結団式で、ボーイズ・ビー・アンビシャスを唱和する研修生たち。
(上写真右)スタッフの自己紹介です。23名で子どもたちのお世話と指導を行います。

【今日の感想】
石垣島の天候は予想より少し肌寒く、子どもたちには厚着をさせて風邪を引かないようにしたいと思います。
夜の講話は「可能性への挑戦」と題して、私のヨットによる単独太平洋横断の体験談と40キロナイトハイクについて話しました。
「夢を夢のままにせず、その実現に向かって努力することが生きることだ。」
「場面があれば、頑張れる」

登録カテゴリー: 森と海の学校