NPO法人 YMO21

NPO法人 YMO21  理事長 岡村精二

NPO法人 YMO21 http://ymo21.org/
「若者達に本来の元気がない」
「若者達は将来への何年も私の中で渦巻いていました。それは、若者達の将来に対する社会環境の悪化に起因しており、夢を実現させるための「舞台」が無いと言うことではないでしょうか。「 YMO 21(山口・未来・オーシャン・21世紀)」は、そんな輝かしい未来を持ち希望溢れる若者達、夢の実現に向け努力する若者達を応援する舞台・場面を提供することを目的として設立しました。
子どもたち、若者には「花のほほえみ 根のいのり」。 という言葉の持つ意味を知ってほしい。根っこの大切さを知ってほしいと願っています。

山口UK学院  http://ukgakuin.jp/
博多自由学園  http://hakatajiyu-gakuen.jp/

高校を中退する生徒は山口県内だけで、年間756名(山口県平成 15 年度資料、 1.7 %)おり、大きな教育問題となっています。子供たちに夢や希望を持たせる若者の居場所づくりに貢献したいとの願いから、平成16年、新高校入学生や高校中退、不登校の子どもたちを対象とした通信単位制高校サポート校 「 博多自由学園 」(学院長  西川茂 ) を、福岡県福岡市中央区今泉2-3-21(天神)に開校し、
平成17年には宇部市松島町に 「 山口UK学院 」(学院長 金子豊) を開校しました。
将来、音楽の分野で活躍したいという若者たちに、音楽を学ぶ機会を与え、生徒自身が自分の学習ペースを持ち、確実に高校卒業資格を取得できる通信単位制高校のサポート校です。

さて、私は中学 3 年生の時から、「太平洋をこいで渡りたい」という夢を持っていました。しかし、17歳の頃、その夢を実行に移すかどうか、真剣に悩みました。結局「逃げたら一生後悔する」との思いで、23歳のとき、手作りヨットによる単独太平洋横断に挑戦しました。今思えば、夢を実現するために大切なことは、第一歩を踏み出す小さな勇気だったのです。
子どもたちには、当学院生活を通して、自ら「夢の実現への道程」を描き、その夢を叶える努力を惜しまない人間に育ってほしいと思います。
そして、私たちスタッフは子どもたちのそれぞれの花を咲かせるため、しっかりと根っこを支える存在でありたいと思います。



JUDY AND MARY ドラマーの五十嵐 公太さんと、音楽プロデューサーの西川 慈竜 の対談を企画。大勢の若者が集まりました。

授業内容・入学案内等詳しくは、ホームページをご覧下さい

(上左)夏季合宿(長門市で2泊3日) (上中央)西日本新聞20076.5.28 (上右)卒業式2007.3.10

(上左)卒業式で祝辞を述べる岡村
(そのほか)授業風景(素晴らしい講師が子どもたちの心を捉えて、離しません)