お知らせ

参加者募集! 2019年8月 子ども海洋冒険学校『第17回チャレンジクルーズto門司レトロ・巌流島』

子ども海洋冒険学校
関門海峡に挑戦!!
関門大橋の下をくぐり、巌流島を一周し、「門司レトロ」を目指します
スナメリクジラに遭遇することもあります

『第17回チャレンジクルーズto門司レトロ・巌流島』
日時:令和1年8月30日(金)~31日(土) 1泊2日
2019年度「第18回トム・ソーヤースクール企画コンテスト」助成事業

ヨットによる航海 を通して、自然の大切さを学び、また共に生活する中で、耐える力、達成感、共生の精神、そして生きる力(自分で考え、判断し、行動する能力)を育むことを目的として、下記の事業を実施します。出港するときから、皆さんに操船して頂きます。
行き交う大きな船など、海から見る景色を楽しみましょう。

参加対象

小学4年生~(男女10名)

参加費用

参加費:15,000円(食事代・燃料代・保険料他)

日程・集合場所

日時:令和1年8月30日(金)~31日(土) 1泊2日
集合:宇部市「妻崎漁港」(厚東川の河口)
日程
8月30日(金) 集合13:30 オリエンテーション・ヨットについての講習・魚釣り・ナイトクルーズ
8月31日(土) 07:00出港-16:30帰港

指導者

岡村精二
昭和52年に手作りヨットによる単独太平洋横断経験者。1級小型船舶操縦士、4級海技士。
國弘 勤
2級小型船舶操縦士
岡村海志
1級小型船舶操縦士

航海の安全性について

ヨットによる航海訓練事業は昭和59年、自然体験学習を取り入れた「おかむら塾」開校以来、年間を通して行っており、特に長期クルージングについては、山口県宇部港から萩市沖合の見島往復(4泊5日)、ハウステンボス往復(7泊8日)、韓国(釜山)往復(10泊11日)など、15回の長期研修航海を事故やケガはなく、実施しています。安全面には十分な配慮を行い、救命胴衣を着用させ実施するとともに、安全な航海を心掛けます。ヨット保険に加入しており、搭乗者に対する保険も付いていますが、別途、参加者には旅行傷害保険に加入して頂きます。

使用ヨット

Cynthia(ヤマハ34ケッチ)
全長34フィート(約11.0m)の2本マストのヨット。
定員12名、ベッド数7名、トイレ、キッチン、シャワー室付き。

申込方法

子ども海洋冒険学校『第17回チャレンジクルーズto門司レトロ・巌流島』
メールでの申込方法

「school@okamura21.com」メールアドレス宛に、以下の内容を入力してお送りください。
後日、こちらからご連絡させていただきます。

お申込みご入力の内容

参加申込:子ども海洋冒険学校『第17回チャレンジクルーズto国東半島・姫島』
保護者名:
住所:〒
参加者(お名前):
参加者(ふりがな):
性別:
生年月日:
学校名:
学年:
電話(自宅電話):
携帯電話:
緊急時連絡先:
健康状態等の連絡事項 :

主催

NPO法人 森と海の学校
〒759-0206 宇部市大字東須恵1271-15
Tel. 0836-41-5435
Fax. 0836-44-4423
HP. https://okamura21.com

共催

(公財)修養団宇部市連合会
(公財)B&G財団宇部海洋クラブ