「公共工事の入札制度に関する一般質問」のご報告

Updata 2007年 12月15日

この度は「公共工事の入札制度」に関するアンケート調査にご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

アンケートは社団法人山口県建設業協会の役員53社と、宇部市内の業者280社、合計333社に対して実施し通常、大学等で実施しているアンケートの回収率を遥かに上回る152社、46パーセントの会社から頂くことができました。
アンケートの結果から、低価格入札の影響など建設業界の抱える課題の大きさ、危機感から「とても短い質問時間で対応できる課題ではない」と強く認識し、あえて、今回は「土木建築行政について」の1問だけに絞って一般質問させて頂きました。

山口県議会では、過去にアンケート調査を行って質問をした例はなく、しかも配布資料(アンケート結果等)はA3版8ページ、また1つだけの質問を深く掘り下げて行った例もなく、異例の一般質問となりました。

そのためか、県も真剣に検討して下さり、議長はじめ自民党会派の皆さまにも、ご協力を頂きました。その結果、「判断基準額の引き上げ」と「総合評価制度の拡大」の答弁を頂きました。

これも一重にアンケート調査にご協力下さった皆さまのおかげと、心より感謝申し上げます。
今後、答弁がこれから、どのように実行されていくのか、引き続き検証して参ります。
回答について、簡単に報告させて頂きます。

2007.12.15業者へのお礼と報告