友人の栗城史多君がエベレスト登頂を断念11.26

Updata 2012年 11月26日

友人の栗城史多君が8月26日、日本を出発し、10月上旬を目標に秋季エベレスト西稜・無酸素単独登頂に挑戦していました。
しかし、10月18 日、7500m付近で暴風のため断念し10月20日下山し、
10月21日、重度の凍傷を負っていることから、カトマンズの病院に収容されました。

彼にとっては4度目の挑戦だが、エベレストは今回も受け入れませんでした。
しかも、両手両足の指、そして鼻に受けた凍傷がひどく、左手の親指と数本の指は切断しなければならない状況らしい。
厳しい冒険を自ら求めた結果だけに、過酷な結果も受け入れるしかないが、彼は無事に生きて帰ってきた。
それだけで、素晴らしい。


カトマンズに入院中の栗城君(ブログより)

さて、インターネット上では、栗城君に対する誹謗中傷が多く見受けられます。
パソコンの画面だけを見て批判する前に、現場にいる当人の厳しい現実をしっかり考えてほしいものです。
冒険の厳しさは、現実に死と隣り合わせに生きていることを実感した人でなければ、理解できないのかもしれません。
「冒険は、まず生きて帰る事。それを成し遂げただけで賞賛に値する」
私は彼を応援し続けたいと思っています。

「青春とは自己の可能性に挑戦してみようとする冒険心。

夢を実現するために大切なことは、第一歩を踏み出す小さな勇気。」
私が25歳のとき、「NHK青年の主張」で述べた言葉です。
青春を生きる彼の勇気と行動に、敬意を表したいと思います。

冒険家として、栗城君にとって「エベレスト無酸素単独登頂」は、最後の挑戦と考えているのでしょうか。
いつまでも山岳冒険家であり続けることは、年齢的にも社会的にも難しい限界があり、「いつ引退するか」という難しい選択をいずれしなければならないときが、いずれ来ると思います。
私は23歳のとき、手作りヨットによる単独太平洋横断に挑戦しましたが、一度の挑戦で海洋冒険家としての活動を終えました。
その後、建築家、教育者、地方政治家へと舞台を変えて、私なりの挑戦し続けてきたつもりです。
冒険は、山や海だけが舞台ではありません。
見方を変えれば、海や山の厳しい自然よりも、社会の荒波の方が高いようにも感じます。
そう思えば、誰もが冒険家です。 

私も実は、26歳のとき、再び新たな冒険に挑戦しようと考えました。
当時、相談した森村桂(「天国に一番近い島」の著者)さんから「岡村さんは1回でいいじゃないの。2度目をやってしまうと、堀江謙一さんや植村直己さんのようになってしまうよ。1回でいいのよ。」と、またヨットの設計家で、堀江謙一さんのマーメイド号を設計した横山晃先生からは「ヨットは趣味にしなさい。まず、生活基盤を作り、趣味としてヨットのデザインをしなさい。ヨットで生計を立てることはアメリカでも難しい。これからも、冒険の機会は訪れる。」と諭され、私は建設会社に就職し、建築家を目指しました。

それでも、海への冒険の夢をなかなか捨て切れず、28歳の頃、単独太平洋横断や単独世界一周のためのヨットやボートの図面を書き、材料まで購入しましたが、次の第一歩を踏み出す自分自身への大義を見出すことができませんでした。
冒険を実行に移すには、命を懸ける自分自身への強い意欲と大義名分が必要ですが、その域まで達することができませんでした。
今も図面は、事務所の私の部屋に飾ってあり、「いずれ必ず」と、夢を未だ追っている自分がいます。

さて、栗城君と初めてお会いしたのは2007年。
かれがエベレストに初挑戦する直前でした。
そして今年2月には、東京ドームホテルで、一緒に講演をさせて頂く機会がありました。

2007年、初めて出合ったときの栗城君            今年2月、富士通㈱代表取締役社長の山本正巳さんと

お互い挑戦者といっても、私は35年前の太平洋単独横断、彼は現役のバリバリです。
彼を見ていると、若い頃の自分をオーバーラップさせ、冒険心をかりたてられました。
講演のなかで、私は栗城君に
「私は登山家を尊敬しています。ヨットは家財道具一式を運んでくれて、ゴールに到着すれば、冒険は終わります。しかし、登山家は頂上であるゴールに登ったら、再び下山して、冒険が完了します。登山家は体力勝負だが、ヨットは80歳を過ぎても挑戦できる。75歳の堀江謙一さんは未だに挑戦者、現役の冒険家です。登山家には強い運が必要です。運よく、滑落しなかったとか、雪崩に遭わなかったと言いますが、多くの登山家は30代で運を使い果たして、亡くなっている。植村直己さん、長谷川恒夫さんもそうです。栗城君には運を使い果たす前に夢を成し遂げてほしい。」と話しかけました。

《《2月28日の出会いブログ》》

私がまだまだ、海洋冒険家としての夢を持っているのは「海ならある程度歳をとっても、挑戦できる」という気持ちの表れだと思います。
栗城君の再起を祈りたい。今すぐにも、病院に駆けつけたい思いです。