妻崎恵美須神社の「春祭り」。桜、晴天、無風に恵まれて楽しい一日を過ごしました。

Updata 2012年 4月17日

平成9年、妻崎漁業組合の解散にともない、私がお世話させて頂くようになって、15年目を迎えました。
多くの皆さまのご奉仕で「草刈」や「しめ縄作り」が行われるようになり、本当に有難いことだと感謝しています。
今年の「春祭り」は4月15日、穏やかな晴天のなかで、しかも桜が7割程度の咲くなか、約70名が参加して下さいました。
11時30分より、松江八幡宮宮司の白石真三さんによる神事を行われました。
ご来賓として河村建夫先生秘書の時山さんがご出席下さいました。

《新聞記事 宇部日報2012.4.18》

多くの皆さまにご参拝頂きました。       松江八幡宮宮司の白石真三さんによる神事

崇敬会総代の縄田百合夫(「新西釣具店」代表)さんによる玉串拝礼。 白石宮司ご挨拶

早朝より卒塾生たちが準備してくれた広場で12時より直会。
参加者も年々増え、今年は焼き鳥、焼き魚のコーナーを作り、初めての仮設舞台では「MKY」によるバンド演奏、精華学園の中元稔先生や村田義三後援会長による歌などが披露され、和やかな、ひと時を過ごしました。


恵美須神社の全景です。            精華学園高等学校の皆さんと

東岐波精友会の皆さん。
秋芳町の宮崎さんと前田さんは「竹の子」と「わらび」の煮物を持参して下さいました。(写真右)

『焼き鳥』『アジの開き』を焼いてくれた卒塾生たち
当選祝いに頂いたエルメスのネクタイ姿の私。高級品とは知りませんでした。(写真右)

バンド演奏を披露してくれた菊池君、松尾君、山根君の「MKY」グループ

中山間地域の過疎化・高齢化、漁業組合の高齢化による解散などで管理できなくなった神社が増えているようです。
恵美須神社もその一例ですが、小さなお社とはいえ、
「縁は人生の宝」と思って、喜んでお世話させて頂いています。
恵美須神社(社主:岡村精二、崇敬会総代:縄田百合夫)