『ローカル・マニフェスト推進中国地区フォーラム2012』にパネリストとして登壇します。4月14日

Updata 2012年 3月11日

2012年4月14日(土)午後2時開会、午後4時閉会予定の『ローカル・マニフェスト推進中国地区フォーラム2012』にパネリストとして参加しさせて頂くことになりました。
私は第2回マニフェスト大賞(アイデア部門)と第6回マニフェスト大賞(政策提言部門)で2度優秀賞を受賞していることから、出演依頼を頂きました。
パネリストとして、昨年4月の山口県議会での私のマニフェストを紹介することにしています。

会場は山口大学人文学部大講義室(260人収容)で、参加費は、資料代500円、学生は無料です。
主催は「ローカル・マニフェスト推進ネットワーク中国(代表 田嶋 義介島根県立大学名誉教授)」です。
パネリストとして、山口市長の渡辺純忠さんも参加されます。《『ローカル・マニフェスト推進中国地区フォーラム2012』案内PDFファイル》

 

ローカル・マニフェスト推進中国地区フォーラム2012計画書(写し)
「私たちのまちづくりを実現するマニフェストをめざして」

東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故など日本の状況は厳しさを増しております。
人口減少、それに伴う生産年齢人口の減少のうえに、大震災と原発事故で重苦しささえ漂っています。
この閉塞感を打開するには、政治の復権、とりわけ政策力が不可欠だと思います。そのツールの一つである、マニフェストは2003年に提唱されて以来、市民権を得て09年の政権交代の原動力になりましたが、財源面の掘り下げ不足などが明らかになり、国民は不信感を募らせています。
しかし、中央政府と地方自治体を通じる財政難、少子高齢化などの難題を切り開いていくのは政策以外ない、と考えます。
中央政府と同じように、自治体においてもまちづくり施策の達成目標、達成時期、必要財源の調達方法を有権者に示し、選挙で判断を仰ぐローカル・マニフェストが欠かせないと思います。有権者の不信感はマニフェストが作られる過程の密室性や実現方法にむしろあるのではないか、とも考えます。
こうした観点から、当会は広島市、岡山・倉敷市でローカル・マニフェスト推進大会をこれまで開いてきましたが、山口県内で初めて「私たちのまちづくりを実現するマニフェストをめざして」を考えるパネルディスカッションを開きます。
内容は、環太平洋大学講師(岡山)の林紀行氏の基調講演とローカル・マニフェスト活動に熱心な山口市長の渡辺純忠氏、山口県議の岡村精二氏、倉敷市議会青空市民クラブの時尾博幸氏、みんなでつくる震災被災者支援情報サイト代表の茂田幸嗣氏(広島県職員)の4氏をお招きし、下記の要領でパネルディスカッションを開き、ローカル・マニフェストの意義などを有権者の皆さんとともに考えてみたい、と思います。
多数の方々のご参加を期待しております。

基調講演 環太平洋大学講師林紀行氏(早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員)
演題  「マニフェストとまちづくり~地域自立の処方箋」
パネルディスカッション「私たちのまちづくりを実現するマニフェストをめざして」
パネリスト 山口市長渡辺純忠氏、山口県議岡村精二氏、倉敷市議会青空市民クラブ時尾博幸氏、
コーディネーター みんなでつくる震災被災者支援情報サイト代表茂田幸嗣氏(広島県職員)
日時  2012年4月14日(土)午後2時開会、午後4時閉会予定
会場  山口大学人文学部大講義室(260人収容、パワーポイントは使用できます)
(資料代、500円。学生は無料)
主催 ローカル・マニフェスト推進ネットワーク中国(代表 田嶋 義介島根県立大学名誉教授)
後援 公益社団法人日本青年会議所中国地区山口ブロック協議会、社団法人山口青年会議所
山口ケーブルビジョン株式会社、株式会社 サンデー山口