笑顔が素敵な山本恵利加さんが宇部フロンティア大学短期大学部のパンフに!

Updata 2011年 6月22日

私が会長を務めさせて頂いている「宇部フロンティア大学短期大学部教育振興会」理事会が、
大学内で開催されました。
用意された来年度の学生募集用パンフレットを見ると、私の大好きな山本恵利加ちゃんの写真が
大きく掲載されていました。
初めの会長挨拶で、つい、恵利加ちゃんの話をしてしまいました。
私が香川中学校高等学校「父母の会」の会長を務めていた頃、彼女は高等学校女子部の
生徒会長をしていました。保育科の生徒で、出会うたびに「こんにちは!」と大きな声で、
しかも、頭の上で手を大きく振りながら挨拶をしてくれました。

卒業後、短期大学部の保育科に進学しました。
その年の夏休みに、お母さんの紹介もあって、私が主催した「ヨットクルージング」に、
初めてスタッフとして参加しました。そのときのクルージングの行き先は、
なんと、韓国の釜山(プサン)でした。

日本で初めての「ヨットによる青少年向けの海外への研修航海」
ヨット2隻に、子どもたち18名とスタッフ6名が乗船しました。
往復10泊11日、しかも往復、台風の中を走る航海でした。
楽しく、でも厳しい航海でしたが、すごく頑張って、子どもたちのお世話を一生懸命してくれました。
彼女は今、25歳、幼稚園の先生をしていますが、天職だと思います。
今も、会うたびに、いつも優しい笑顔を見せてくれます。学生募集用パンフレットです。

日本で初めての「ヨットによる青少年向けの海外への研修航海」
左:韓国のプサン国際ヨットハーバー(オリンピックの会場になりました)
中:対馬の海峡を航海する「シンシア8世」(私のヨットです)
右:舵を握って操船する山本恵利加