「人権ハートフルフェスタ・うべ」:子育てのあり方を考えさせられました。1.15

Updata 2011年 1月17日

平成23年1月15日宇部市文化会館で「人権ハートフルフェスタ・うべ」が開催されました。
主催は、子どもの悩み事相談を行っているチャイルドラインの三好喜美子さんたちです。
寒風、雪のちらつく天候でしたが、若いお母さんがたくさん出席していて、
関心の高さを感じました。

私は、講師の芹沢俊介さんの講演「もういちど親子になりたい」をお聞きしたかったのですが、
所用で遅れてしまい、シンポジウムから参加しました。

テーマは「子どもに寄り添う大人であるために」
パネリストは鈴木英太郎さん、福島直子さん、山本千恵子さん、芹沢俊介さんでした。

私は27年間、4泊5日キャンプを行っており、昨年も150名の子どもたちと阿蘇で実施しました。
しかし、振り返ってみると、家族だけでキャンプを行ったことがありません。
ヨットのクルージングも、家族だけでという思い出がありません。
塾経営をしていて、夏休みは塾のキャンプの時間を作るだけで精一杯でした。
若いお母さんには、子育ての今を、大切にしてほしいですね。

写真左は1階で行われていたダンボールの迷路、
宇部フロンティア大学の涌井先生と富田先生の学生さんたちが中心となって作ったそうです。